2012年09月14日

津川絵理子さんの句集

0914『はじまりの樹』.jpg

『はじまりの樹』

 句集や歌集を読み、人に惚れるということがある。なぜか女性である場合がほとんどだ。津川絵理子さんには心底、惚れてしまった。

  風鈴を鳴らさずに降る山の雨
  ものおとへいつせいに向く袋角
  向き合うてふつと他人やかき氷


 切り取られた瞬間の、何と生き生きしていることだろう。この人の清新な感覚が捉えた景に、ただただ魅せられてしまう。
 俳句は男性的な文芸と言われるが、女性ならではの句というものが確かにある。

  綾取や十指の記憶きらめける
  群らがつてひとりひとりや日記買ふ
  山笑ふ雑巾のみなあたらしく


 「綾取」の句は、幼い日から今に至るまでの時間が織り込まれていて、実に味わい深い。また、来年の日記を売るコーナーに人が集まる様子から「ひとりひとり」であることを思う知性の濃やかさに感服する。新しい雑巾の清々しさは、何か藤沢周平や宮部みゆきの時代小説に登場する、凛と美しい女性たちを思い出させる。
 そして、この人の愛の句が本当に素晴らしいのだ。

  おとうとのやうな夫居る草雲雀
  助手席の吾には見えて葛の花
  滝涼しともに眼鏡を濡らしゐて


 人を愛するなら、こういうふうに愛したい――何だか涙ぐみそうになって読んだ。丁寧に愛し、丁寧に生きる人だけが詠める句だと思う。

  捨猫の出てくる赤き毛布かな
  飼ひ犬の老ゆるはやさよ鴨足草
  深々と伏し猟犬となりにけり


 動物の好きな人らしい。どの句にもあたたかみがある。最後の一句、この作者の魂の大どかさというか、作者自身にも理解し兼ねるわけの分からなさのようで、特に愛誦する。

 *津川絵理子句集『はじまりの樹』(ふらんす堂、2012年8月刊行)
posted by まつむらゆりこ at 18:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 歌集・句集の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。