2009年10月09日

好きです

KICX2455.JPG

 あなたがわたしを必ず好きでゐてくれた昨日へ書きたい今日の
てがみを                  辰巳 泰子

 ああ、もう読んだ途端にせつなくなってしまった。
 私は割に手紙を書くほうなのだが、さすがに毎日会う人へは書かない。一番近くにいる人の傍らで、お礼状だ何だとせっせとペンを走らせている自分に、ふと違和感を抱くことがある。もっと大事なことを、もっと大事な人に伝えなくてはいけないのではないか?
 付き合いが長くなると、お互い欠点やおばかなところが見えてしまう。焦げ焦げの餃子を作って叱られたときや、つんけんした言葉を投げつけ合ったときなど、無性にかなしくなる。「わたしのこと、もうあんまり好きじゃないんだろうなぁ……」
 この歌は、「必ず」という言葉が、ちょっと幼いような素朴なニュアンスを出していていい。いつ、いかなるときの私であっても「好きでゐてくれた」あなたへの信頼と愛があふれている。そして、あなたを責めているわけではないところに、じんとする。「昨日のあなた」へ手紙を書くのではないのだ。「昨日」という、二度と帰らぬ時点に向けて、手紙をしたためたいのである。二人とももっと互いに見つめ合い、やさしい言葉で話していた昨日へ。
 今ごろ「好きです」なんて言ったらおかしいだろうか。でも、時にはそう伝えてみてもいいんじゃないかと思う。
 この歌の作者は、第一歌集から完成された世界をもっていて、文語表現に長けた人だ。凝縮された芯の太い抒情が魅力であるが、最近の作品にはやわらかな口語表現の何ともいえないゆったりとした感じが加わり、深みが増したように感じる。
 作者もきっと、彼に改めて「好きです」と伝えたいのだ。それが「今日のてがみ」を書きたいということではないかな、と思う。素直な気持ちで「てがみ」のようなひとことを言ってみたくなった。

☆「月鞠」2009年9月 第7号


posted by まつむらゆりこ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | せつなくも美しい恋の歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつも楽しく拝見させていただいてます。今回の一句は、ゆりこさんも少し解説が動揺してる感じですね。いろんな思い出があることはいいことだと思います。たとえそれが悲しい思い出だとしても。
Posted by kenken at 2009年10月08日 23:48
kenkenさん、
はじめまして! いつも読んでくださっているとのこと、とても嬉しいです。「動揺」という言葉に笑ってしまいましたが、心が揺さぶられる歌がよい歌だと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by まつむらゆりこ at 2009年10月09日 09:00
昔、「好きです」と書けず「元気です」と1行だけ書いた絵葉書を出したことがあります。
これから先、もし、絵葉書を出すような出会いあれば、「好きです」と書きこめる自分になっていたい・・・
そんな、気持ちになりました。
Posted by ひろし at 2009年10月09日 19:22
ひろしさん、
何とせつない「元気です」でしょう!
「(あなたのことが好きだから)元気です(って書きたくなりました)」という絵葉書の思い、伝わっていたらいいですね。
Posted by まつむらゆりこ at 2009年10月09日 21:43
歌を読んだときも「どきん」としましたが、それ以上に解説の一行目にシビレました。
すべてを言い得てあまりある一文です。
Posted by Lucy at 2009年10月10日 09:48
Lucyさん、
歌に「どきん」としてくださって嬉しいです。やさしい気持ちになれる歌っていいものです。
Posted by まつむらゆりこ at 2009年10月10日 11:17
この歌は別れた女性が、チラッと男性の良かったところを思い出して、手紙を書きたい!と漏らした囁きに思った。
が、拡大解釈すれば、別れてしまった後悔の念にも取れる。
昨今の精神科医は患者さんに「あなたの夫婦関係はセックスレスですか?それはいつ頃からですか?」という、言い方が患者さんを素直にさせる、質問だそうである。
ドクターも、最近の患者さんの心理を読みとるのに苦労し、見た目に健常人であってもやんでいる人も、セルフコントロールに悩む、この世相では、やはりSelf-Helpの考え方が必要なのではないかと、大層なことを思ってしまった…。感謝!
Posted by ErwinRommel at 2009年10月10日 12:06
Rommelさん、
「別れてしまった後悔の念」という解釈も、とっても切なくてよいと思います。私は一緒にいる相手(あなた)と読みましたが、自分に引きつけた解釈であることは重々承知しております。
Posted by まつむらゆりこ at 2009年10月10日 13:17
こんばんは。
このタイトルの言葉を手紙に書いて、
由利子さんに送ったら・・・・
ハハハハハ・・・由利子さんに嫌われそうww
Posted by KobaChan at 2009年10月10日 20:24
KobaChanさん、
いやぁ…(照)…どんなときでも、このタイトルの言葉は嬉しいものですよ。幼稚園児に言われても、おばあさまに言われても!
Posted by まつむらゆりこ at 2009年10月10日 22:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129823042
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。