2010年03月26日

書き写す

IMGP1151.JPG

  かすかなるものなりければ言葉とはやはらかに花のごと
  咲かしめよ          馬場あき子


 ある人のブログに、国会図書館で歌集をコピーしようとしたら、章ごとに半分までしか許可されなかったということが批判的に書いてあった。これは著作権法に準じた適用である。通常、刊行後まもない一冊の本をすべてコピーすることは私的使用であっても許されず、運用上、一部(最大限、半分まで)とされることが多いようだが、短歌の場合、一首の半分しかコピーしないというのは、実際問題として不可能、無意味であり、こんな形でのコピー許可となったのだと思われる。
 私がこの文章を読んで気になったのは、著作権法の問題点や運用の仕方ではない。「歌集をコピーする」ということの意味である。ブログの作成者は、結局、近所の公立図書館で同じ歌集を借り、コンビニエンスストアで全部コピーすることができたという。「悪いとは思わなかった」と書いている。それを読んで、少し寂しい気持ちになった。
 今月21日さいたま市で行われた現代短歌新人賞の授賞式で、永田和宏さんの特別講演「短歌を読むよろこび」を聴いた。その中で永田さんは、学生時代には歌集を買う余裕があまりなく、たくさんの歌集を一冊まるごと書き写したことを話された。そして「そのことによって歌を深く味わうことになり、とてもよかった」と皆に勧められた。
 これには本当に共感する。私も学生時代に、祖父の蔵書の与謝野晶子全集から気に入った歌をいくつも書き抜いた。祖父が愛書家で、孫娘であろうと決して本を貸さなかったから仕方なかったという事情が大きいのだが、これがきっかけになったのか好きな歌をよく写す。
 いま引っ越しの準備のため、毎日片付けている。数日前、三橋鷹女の句集『魚の鰭』をまるまる一冊書き写したノートが出てきたのには驚いた。「歌集だけじゃなくて、句集まで……」。確か歌をつくるときのヒントにしようと、会社の情報調査部にあった文学全集を借りて写したのであった。
 そうしようと思えば夜中にこっそり会社でコピーできなくもなかったが、そんなことは考えなかった。本が傷むし、私は書き写したかったのだ。お金はあったが、時間はない時期だった。でも、書き写す時間を惜しいとは思わなかった。それこそが、自分にとって大事な時間だったのだと思う。
 ことばにはリズムや呼吸がこもっている。書き写すことで、それがより明確に感じられる。いろいろな方から歌集が送られてくると、できるだけお礼状を書くようにしているのは、自分のためでもあるからだ。付箋をつけた歌を便箋に書き写していると、「ああ、本当にいい歌だなあ」としみじみとする。
 たまたま読んだブログの作成者は、とても忙しい人で、真面目に短歌を勉強したい思いが強いのだろう。その人に限らず、たぶん書き写すということは、経験がない人にとっては「ええ〜っ!」と思うほど迂遠な方法なのかもしれない。でも、ここに挙げた歌のように、ことばという「かすかなるもの」を十分に味わうには、とてもよい。やわらかな花びらのようなことばを、丁寧に一文字ずつ書き写すとき、歌を詠んだ人の心に少し近づけるような気がしている。

☆馬場あき子歌集『阿古父』(砂子屋書房、1993年)


posted by まつむらゆりこ at 08:45| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書き写す、までは行かなくても借りた本をパタパタとワープロに打ち込んだことは何度かあります。それだけでも大分違いますよね・・・写経ってしたことはないですが、たぶん突き詰めるとそういう感じかもしれませんね。
Posted by morijiri at 2010年03月26日 10:10
 コピー全盛の世の中ですが、自らの手で書き写す作業は、体にしみつくのですよね。若い人はそんなアホなことはせんのでしょうが、書き手の息使いが書き写せば伝わってくるのです。お引っ越しの準備、着々でしょうか。春、南の島に旅立つというのはなんかいいですね。
Posted by 冷奴 at 2010年03月26日 11:11
morijiriさん、
ああ! その手もありますね。うっかり者の私は変換ミスがコワいですが。

冷奴さん、
コピーすることに罪悪感を抱くこと自体、古い古い人間なのだろうなあと思います。
引っ越し準備はぼちぼち。本を入れる段ボールが足りなくなって、追加しました!
Posted by まつむらゆりこ at 2010年03月26日 15:46
引越しの準備で忙しいなかブログの書き込み
ご苦労様です。書き写すと見えないものが見えてきたり、とても良いこともありますよね。やわらかな花びらを書き写すってすてきな言葉ですね。
Posted by コビアン at 2010年03月26日 21:51
コビアンさん、
ご配慮ありがとうございます。このブログは、私にとって大切な仕事と思って書いています。「書き写すと見えないものが見えてきたり」という言葉に、うん、うん、とうなずいてしまいました!
Posted by まつむらゆりこ at 2010年03月26日 22:13
今日はとても深イイ話ですね〜

私もはじめの頃は万葉集の半分くらい書き写しましたね〜
その後、好きな歌人の好きな一首を書き写した大學ノートもすでに14冊目です・・・もちろん松村さんの作品も10首位入っています。オレも早くうまくなりたいと思いつつガンバっている状況です。
Posted by 中村ケンジ at 2010年03月26日 23:03
中村ケンジさん、
わぁ、14冊目! きっと中村さんの歌の栄養になって、いつか花開くはずです。私も万葉集に挑戦しようかなと思います。
Posted by まつむらゆりこ at 2010年03月27日 11:54
松村さん、こんばんは。
久々に書き込みさせていただきます。

私も、morijiri さんと同じような感想です。

先日、仕事でレポートをまとめなければいけないことがあって、他部署で書かれた報告書を要約して引用するため、その報告書を読みながら、キーボードを叩きました。
それまで、何度か読んでいたものなのですが、要約するため、文章の論理構成を吟味し、何が書き手の言いたいことなのかを考えるという作業を繰り返すことで、結果的にその報告書をより深く読み込むことになりました。
それまで、なんとなく頭の中で霧がかかったような感じで読んでいたものが、霧が晴れたようにすっと理解できました。

書き写すということは、原文を書いた書き手に寄り添い、書き手の気持ちを理解しようとする行為なのだろうと思います。
Posted by 拓庵 at 2010年03月28日 00:35
ある有名な未来学者が「21世紀はコピー文化の隆盛期だ」と予言した。私の本名由来と同じ民族の方だったから、いまでもその覚えていて、それが現実のものとなっていることを体験している。

所謂、まねごとのうちハードになったものは著作権になる。でも、私も由利子さんのように「芸術感覚」に浸り、多くの隣人に表現して、そのレスポンスを感じれている限り、当人にとっては問題ないのではないかと、最近想う。

昨日、某教会にてBass-Bariton solo with Pipe OrganでHymnを表現し、夜のPartyで映画「Gran Torino」のClint Eastwoondのパートを歌いJeremmie Cullumに絡んでの1曲のステージを与えて頂いた。

自分自身は不出来であったと悔やんでいたが、参加者からは喜びの握手を求められた。そのギャップは何だろうと思いながら、めずらしくオルガニストと「反省会」をしていた。

要は、表現者は欲を持ち過ぎない。その中でも、由利子さんは後塵が一所懸命になれない環境になっているのではという、閉塞感に憂いておられるのでしょうね。

やっぱり貴女にはV. Ferrariの「マドンナの宝石」がお似合いですね!?
Posted by ErwinRommel at 2010年03月28日 08:41
書くは愛すること、写すは情をそそぐこと、とすれば「書き写す」=「愛情」であり、「コピー」≠「愛情」。これまで、愛する人の心を「書き写す」なんて考えず、解像力のない複写機でコピーしてわかったつもりでいた。のではないかなぁ〜という気分の週末です。
Posted by ひろし at 2010年03月28日 12:47
若いころ、百人一首を毛筆で書き写して字の練習をしていたことをおもいだします。
子育てに仕事にと、今思えばよくそんな余裕があったものだと、ふりかえっています。
Posted by スマイル ママ at 2010年03月28日 12:53
拓庵さん、
いただいたコメントを読んで、「読む」ということにはいろいろなレベルがあるのだなあ、と思いました。

Rommelさん、
著作権の問題はまた複雑なんですよね。すべて書き写すわけには行かないのが難しいところ。やっぱりコピーしたい時もあります。

ひろしさん、
いえいえ、私もコピーしますよ! ただ歌集を一冊書き写すというのは、案外いいものだよ、とお勧めしたくて。

スマイル ママさん、
忙しいときほど、手をかけ時間をかけて何かしたくなるのは不思議ですね。何か豊かなものがそこにあるのでしょう。
Posted by まつむらゆりこ at 2010年03月28日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。