2010年10月29日

本と子ども

1029子どもの本.jpg

  子どもらと何話したか君が手に赤いインクのらくがきありて
                       奥山 恵


 昨日、地元の小学校で子どもたちに話をする機会があった。読書月間を締めくくる集会で、「本って楽しいよ」と題して、いろいろな本を紹介してきた。子どもたちの親も参加しての集会だったので、ちょっと緊張した。
 1年生から6年生まで14人の小さな学校である。何か訊ねると、すごく熱心に「はい!」「はい!」と手を上げてくれるのが、うれしくてたまらなかった。一番うれしかったのは、終わってから1人の女の子が「きょう、遊びに行っていい?」と話しかけてくれたことだ。「いいよ!」と返事したが、脇からその子のお母さんが慌てて「こんな嵐の日に…」とたしなめていらしたので、「お天気のいい日に、いつでもおいで」と言い直した。
 ああ、「きょう、遊びに行っていい?」という言葉の、何とまぶしいことだろう。小学校時代を思い出すと、思い出されるのは遊んだ記憶ばかりだ。自分の家に来てもらうのも楽しかったが、友達の家に行って、それぞれの家に違った匂いがあること、おやつもさまざまであることを知るのも面白かった。
 この歌には、「君はせんせい。初めての低学年担当。」という詞書が付いている。小学校教諭の「君」の手に何か書かれているのを見た作者が、学校での様子を想像した歌なのだ。子どもたちに慕われている若い男性教諭のやさしさと、彼を見守る新婚まもない妻の思いがこの上なくあたたかく表現されている。
 駆け出し記者だったころ、初めて小学校の取材に行ったときのことは、とてもよく覚えている。「あっ、小学校の匂いがする!」と感じたのだ。それは十数年ぶりに嗅ぐ、何とも表現できない甘酸っぱいような匂いだった。
 思い返せば、小学校の先生になりたい時期があった。いろいろあって新聞記者になったのだが、こんな形で子どもと関われるのは本当にしあわせなことだ。小学校の卒業文集に収められた私の作文「将来の夢」には、「本と子どもにかかわる仕事」と書かれている。思わず小学生の自分に「おまえが“子ども”だろう!」と突っ込みたくなるが、それはそれとして、会社を辞めて当時の夢を実現しつつあることに不思議な感慨を抱く。
 この歌の作者は、高校教諭として勤めながら、長らく児童文学の評論を書いてきた人だ。今春、学校を辞め、10月初旬に児童書専門店「ハックルベリー・ブックス」(http://www.huckleberrybooks.jp/)を開いた。「ゼツボウという言葉世にあるなれど「ラ」をかさねればひとは歌える」という、何度読んでも胸がきゅっと詰まるような、いい歌を作る歌人でもある。「本と子どもにかかわる仕事」の仲間になれたことが、照れくさくもうれしいのであった。

 ☆奥山恵歌集『「ラ」をかさねれば』(1998年12月、雁書館)
posted by まつむらゆりこ at 08:08| Comment(21) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほのぼのとした歌ですね。

松村さんの文章を読んでいて、
ふと、映画「二十四の瞳」を思い出しました。
田舎の子供達って、ほんと素朴ですよね。
Posted by tokoro-11 at 2010年10月29日 08:27
tokoro-11さん、
田舎に限らず低学年の子どもは昔も今も変わらないのかな、とも思います。都会の子どもを相手に話した経験がないので。
ともかく、本当に楽しかったです!
Posted by まつむらゆりこ at 2010年10月29日 12:56
松村さんの楽しい笑顔が目にうかびます。
我が家の子供達も松村さんの優しくて暖かな話し方が大好きでしたから。

石垣での生活とお仕事が上手にかみ合い、またその土地ならではの驚きなどもいつのまにか受け入れている素直さに拍手です。
Posted by あい としえ at 2010年10月29日 14:31
あいさん、
ご無沙汰しています!
嬉しくコメントを読みました。
「遊びに行っていい?」と訊ねた女の子(小2)は5歳の弟くんと今日、来てくれました。いやー、激しく遊びました!!楽しかった。
Posted by まつむらゆりこ at 2010年10月29日 17:26
早くも新しい土地で夢の一つを実現し、しかも島の人の役立つ事をして、めんこさん大歓迎でしょうね。
奥田英朗の小説に出てくる結(ゆい)の一つかな?
都会の洗練された新風を八重山全体に吹き込んでください。お仕事忙しくなりそうですね(笑)
Posted by コビアン at 2010年10月29日 17:27
コビアンさん、
いえいえ、私も田舎者ですから。
会社員時代は自分と会社のためにしか働きませんでしたから、少しは地域に役立つことができれば、と思っています。
Posted by まつむらゆりこ at 2010年10月29日 19:17
もう島の子どもたちと馴染んでいるんですね〜
スゴイと思います。

これからもこのHPを見るのがますます楽しみです。
Posted by 中村ケンジ at 2010年10月29日 20:35
ゆりこさんが石垣島で文庫を開く日も近いかな!?
その日を今から心待ちにしています☆
Posted by ロールパン・ママ at 2010年10月29日 23:23
中村ケンジさん、
今日のお昼過ぎには別の女の子が2人遊びに来ることになっています。やー、楽しいな。

ロールパン・ママさん、
小学校があまりに近いので、文庫の出番はあまりなさそうです。それより学校に協力して、本をあげたりした方がいいのかな、と考え始めています。ちょっと悩みます。
Posted by まつむらゆりこ at 2010年10月30日 07:22
「本と子どもにかかわる仕事」・・・いいですね。
楽しそうに本を読む子ども・・・
その場面を想像しただけで、なんか幸せな気持ちになります^^
Posted by KobaChan at 2010年10月30日 10:05
由利子さん こんにちは。

>小学校の卒業文集に収められた私の作文「将来の夢」には、「本と子どもにかかわる仕事」と書かれている。

私も小学校の卒業文集のなりたい職業というところに「エッセイスト」と書いた記憶があります。
卒業文集は残っていなくて、記憶だけなのですが・・・。
まだ小さな歩みですが、このごろ、その夢が実現しつつあるのかなあと思います。

Posted by 近藤かすみ at 2010年10月30日 11:31
すっかり地元にも、馴染んでいる様子に何より。
まさに、どなたか書いていらしたけど、24の瞳だね、あ、28かあ!!
いいなあ、空気感♪
東京は台風、ど真ん中って感じ。
Posted by こうづ☆つよこ at 2010年10月30日 11:41
KobaChanさん、
電車の中で本に顔を突っ込むようにして読んでいる子を見ると、昔の自分を見ているような気になったものです。

近藤かすみさん、
最初の夢というのは、自分の奥深くに眠っているものなのかもしれませんね。

こうづ☆つよこさん、
あっ、そうか、比喩的なものでなくて少人数ということで「二十四の瞳」と言われたのか(鈍っ)。
台風は東京へ接近中の由、どうぞお気をつけて。
Posted by まつむらゆりこ at 2010年10月30日 11:49
 この、「遊びに行っていい」っつうの、すごくいいね。大人は子どもが大きくなるんで、よい子どもを育てるのが、よい大人をつくるもとですよね。いい仕事してるなぁ。及ばずながら、小生もせいぜいガンバろうかと。
Posted by 冷奴 at 2010年11月01日 11:49
冷奴さん、
そうなんですよ。このお嬢ちゃんは、金曜日に遊びに来てくださいました!「ブロックス」という盤ゲームに二人して熱中いたしました。
Posted by まつむらゆりこ at 2010年11月01日 14:08
子供のときに、よい作品や作者とふれあえるのは、とてもいいことです、引用歌もそれを連想させます。作者とふれあうことで、感性が刺激され、作家を志す子が出てくることがあります。
例をあげると、晩年ルーアンに隠棲していたフロベールを訪ね、よくお話を聞いていた男の子がいました、のちの推理作家ルブランです。「怪盗ルパン」に出てくるフランス各地の伝説は、フロベールから得た知識が多かったと思われます。
訪ねてくる子たちの中から、未来の作家が出るかもしれませんね。
Posted by SEMIMARU at 2010年11月01日 18:54
SEMIMARUさん、
モーリス・ルブランのエピソード、面白いですねえ!
私の家に遊びに来た子は、みんな家の中を走り回るのに夢中みたいですけれど、どうなるでしょう?
Posted by まつむらゆりこ at 2010年11月01日 20:37
紹介されている島の小学生たちとのふれあいの話は読んでいると、松村さんのうれしそうな顔を目に浮かぶようです。

「遊びに行っていい?」ときいた小2の女の子と弟君が、遊びに来て、どんな遊びをしたのかしらと、知りたくなります。今、読んでいる『身体知』(内田樹・三砂ちづる)でも、親以外の大人がこどもに関わることの大切さを説いています。

短歌の作者である奥山恵さんの児童書専門店「ハックルベリー・ブックス」は柏駅近くにオープンしたとのこと。店のホームページの「第2期おすすめ本&雑貨ベスト10」の中で紹介されていた『十一月の扉』(高楼方子・作)は、『ムーミン谷の十一月』を彷彿させ、読んでみたいです。一度、休みの日にでも電車に乗って行ってみようと思います。



Posted by 拓庵 at 2010年11月02日 02:31
拓庵さん、
小2の女の子が気に入ったのは「ブロックス」という陣地をとってゆく盤ゲームです。アメリカの友人宅で遊んで相当盛り上がったので、帰ってきてから取り寄せましたが、フランス生まれのゲームとのこと。4人用だと家族で楽しめます!
ハックルベリー・ブックスへは、ぜひ足を運んでみてくださいね。
Posted by まつむらゆりこ at 2010年11月02日 08:26
柏のハックルベリーブックスへ行った時のブログ記事をTBさせていただきました。承認していただきありがとうございます。

あと、たまたまですが、我が家にも「ブロックス」の2人用があります。1年くらい前に、妹のこどもたち(小学生)が遊びに来た時に出してみたら、けっこう夢中になっていました。
Posted by 拓庵 at 2010年11月13日 05:05
拓庵さん、
重ねてありがとうございます!けさのNHKニュースで、大江健三郎氏が少年時代に『ハックルベリー・フィンの冒険』を夢中になって読んだことをスピーチで披露したことを言っていて、面白く思いました。
Posted by まつむらゆりこ at 2010年11月13日 07:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

柏にある児童書専門店「ハックルベリーブックス」へ行った
Excerpt: 2010年10月に柏にオープンしたばかりの児童書の専門店「ハックルベリーブックス」へ行ってきた。歌人の松村由利子さんのブログ「そらいろ短歌通信」で先週紹介されていた。 我が家からだと最寄り駅から池袋に..
Weblog: 栄枯盛衰・前途洋洋
Tracked: 2010-11-08 01:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。