2011年03月11日

ツナ缶

0311ツナ缶.jpg

  缶詰の中の<無音>を開けむとす入道雲の立ちあがる朝
                  栗木 京子


 「とりあえず、ツナ缶があれば」。先日、知人宅で知りあったばかりの青年が何度もそう繰り返すのが可笑しくて、大笑いした。確かに、豆腐や卵、野菜などを炒めるチャンプルーを作るにも、アーサ(アオサ)のおつゆを作るにも、ツナの缶詰は大活躍だ。ツナ缶が常備されていれば、心強いことこの上ない。
 ツナ缶の消費量が全国一多いのは、沖縄県である。「ポーク」と称するランチョンミートの缶詰も沖縄ではよく使われるが、どちらも戦後、アメリカの食文化が入ってきたことで普及したという。高温多湿の沖縄の夏は、食べものが傷みやすい。朝、鍋に火を入れたからと安心していると、夕方には腐敗臭がしていたりする。台風が近づいてくると、パンやおにぎりのほか、カップラーメンなどの保存食が必需品となる。火を使わずに食べられる缶詰類も必須アイテムだから、ポークやツナの缶詰がたちまち沖縄の食生活になじんだのも不思議ではない。
 それにしても、沖縄のお年寄りたちはツナのことを「トゥーナー」と発音するそうだ。「ビーチパーティー」を「ビーチパーリー」、「ウォーター」は「ワーラー」と米国式の発音で覚えているというのが、何とも物悲しいのであった。
 ――というわけで、沖縄とツナ缶は切っても切り離せないものである。私も何となく、島のスーパーにおけるツナ缶の種類の多さを感じてはいたのだが、徐々にその存在感に影響されていたらしい。先日ついに、初めての「箱買い」をしてしまった。
 12缶入りの箱は、沖縄県内でしか販売されていないらしい。こちらに来て初めて見た。それほど大きな箱ではなく、大きめのノートパソコンみたいな感じである。それを抱えてスーパーを出たとき、「ああ、私、けっこう島になじんだかも!」という感慨が湧いてきた。
 この歌は、缶詰という密封された小さな空間の闇や静けさを想像させるところが素晴らしい。日常の視点から離れ、全く違う角度と高さから世界を見せてくれるような機智に魅せられる。自分もこういう歌で人を楽しませることができたらなぁ、と思う。まださすがに「入道雲」は現れていないが、南島には早くもツツジが咲きだした。

 ☆栗木京子歌集『夏のうしろ』(短歌研究社、2003年7月)


posted by まつむらゆりこ at 08:45| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ツナ缶」のことばに〜反応しましたよ☆

箱入り(12缶)は便利だね〜☆♪☆

うちでは〜ヒトも4匹の猫たちも

いつもお世話になってるから〜ま〜これは

命を繋ぐ貴重なアイテムってとこかなぁ。
Posted by ミヤチャップマン at 2011年03月11日 13:23
ミヤチャップマンさん、
そうですか、猫さんたちも食べていますか。
昔、『アジアを食べる日本のネコ』という本を読み、ネコに缶詰を食べさせる是非について考えてしまいましたが。人もネコも同じものを食べる時代なんですね。
Posted by まつむらゆりこ at 2011年03月11日 13:55
ツナ缶の箱買い…先日、日テレのみのもんたのケンミンショーでも紹介していました。沖縄では放送していないかも…

私も母もトゥーナーと言います。
私の歌集にもパーリィーとトゥーナーの歌があるのでドキッとしました。
Posted by 中村ケンジ at 2011年03月11日 22:05
この度の地震で被災された方は、本当におきのどくで、言葉もありません。東京電力で故意に停電すると言うので、スーパーは水を始めカップラーメン、ツナ缶が売り切れ状態です。にんじんサラダ早速ためしてみました。美味しかったです。
Posted by コビアン at 2011年03月13日 17:11
中村ケンジさん、
ツナ缶に限らず、缶詰というのは非常食として実に心強い存在ですね。被災地の方たちには温かい食事を…とは思いますが、それがかなわない場所では、せめて缶詰などの食料が人数分以上届きますように。

コビアンさん、
本当に、このツナ缶を被災地に届けたい思いです。ここは暖かくて暖房器具が要らないので、それだけでも何だか申しわけなくて!
特に小さい子どもやお年寄りたちが、寒い思い、ひもじい思い、怖い思いをしなくてすむよう、お祈りしています。
Posted by まつむらゆりこ at 2011年03月13日 18:52
今回、被災された方には心よりお見舞い申し上げます。
実は、11日午後1時に郡山に到着し、2時45分地震にあいました。
最初は、大したことはないかな、と思っていましたが、段々揺れがひどくなり、終わった頃にはまわりにはガラスが散乱し、向かいのビルは壁が落ちてがれきが道路をふさぎ、
想像以上の状況でした。
13日に、福島空港発の臨時便に乗り、無事東京に戻ることができましたが、その時1番に思ったのが、まず食料。我々はホテルに滞在していたので、電気もあったし、途中から断水になりましたが、トイレにも困らず、とても運が良かったのですが、食料の調達はやはり、日がたつにつれて困難になっていきました。このような災害の時は、直後ではなく、日が経つにつれて、大変さが増してきます。被害が拡大していきます。電話やメールもどんどんつながりにくくなります。
こんな体験をしたからこそ、なにか自分に出来ることがあればしたいと思いました。
東京に戻り、近くのスーパーに行くと、みんなが保存食や乾電池などを買いだめしている姿を見て、悲しくなりました。自分だけよければ。。ではなく、今、それが必要な方たちに送ってあげるのが先決ではないのか?
何もできない自分がもどかしいですが、小さなこと、出来ることからしていきたいと思っています。
地震発生直後に必要なもの。
携帯電話用電池式充電器
ラジオ
食料
水(飲料用・トイレ用)
カセットコンロ
今回は、特に寒かったので温かい食べ物、飲み物がとてもありがたかったです。
長くなってしまってごめんなさい。
すこしでも多くの方にこの体験を知っていただき、支援の輪が増えていくといいな、と思います。
Posted by kaori at 2011年03月16日 00:45
kaoriさん、
大変な経験をなさったのですね。
「小さなこと、出来ることからしていきたい」という思いに、とても共感しました。
何もかも失い、大切な人さえなくしてしまった悲しみを思うとき、何かせずにはいられない気持ちになります。
今回の体験を書き込んでくださって、本当にありがとう!
Posted by まつむらゆりこ at 2011年03月16日 09:54
私もこちらのブログを使わせて頂きます。
原発の心配がされていますが、アロマ・エッセンシャル・オイルのティートゥリーは放射線から皮膚を保護すると言われています。実際的な効果は分かりませんが、使える方は、こういったものも、利用していけばと思います。
外出前に水で薄めたものをスプレーしていくと良いかと。マスクにスプレーして使うのも。(目安は水10mlに2滴で、かぶれないか様子を見て個人で調整すると良い。ただし、天然100%の精油でないと効果はない)

まつむらさん!
沖縄の月桃はティートゥリーや月桂樹と同じ成分を持っているようです。月桃の葉で食べ物を包むのは、月桃が防腐作用を持っているからだと思います。お正月のお餅だけでなく、夏にも食べ物を包むと良いかもしれませんね。
Posted by よいかおり=牧師の妻 at 2011年03月16日 22:11
よいかおりさん、
ティートゥリーのことを教えてくださって、ありがとうございます。以前アロマテラピーのことを取材して、その効力に驚いたことがあります。放射線防護については知りませんが、気持ちを落ち着ける、リラックスさせる、などの効用は他の香りにもあると思います。被災なさった方たちにお届したいものの一つですね。
Posted by まつむらゆりこ at 2011年03月17日 11:07
日本が大変な事態になっていますね。
被災地の皆さんが不安や悲しみ,寒さ,不便さなどのなかで、時折みせる笑顔にこちらの方が励まされますね。 そんな中で松村さんの
「災害が起これば活気づく職場張り切る一人とならねばならず」の歌を思いだしました。

私のツナ缶の思い出は何といっても、松村さんのお母様が千葉にいらした時に作って頂いたツナサラダ入りのバケット、丸ごと一本です。それはそれは美味しくて大好物となりました。あの時代を振り返ると胸がいっぱいになります。
Posted by あい としえ at 2011年03月17日 16:01
あい としえさん、
千葉も大変そうですね。被災地以外の方たちにも、どうぞ早く通常の生活が戻ってきますように。
私の歌を思い出してくださったとのこと、この地震報道に自分が関わらなければならなかったら…と想像してしまいました。きりきりと働いていたことでしょう。今の自分が不甲斐なくもありますが。
ツナサンドウィッチ、なつかしいです!また、お会いできる日を楽しみにしています。
Posted by まつむらゆりこ at 2011年03月17日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。