2006年06月22日

子供の歩幅

0622boots.JPG

子供らの歩幅に合わせて歩く道こんな時間があといくらある
                    前田 康子

 子育て中、特に手のかかる時期には、早く子供が大きくならないかと思う。しかし、子供は思いのほか早く育つ。抜け殻のようにいくつもいくつも服が小さくなり、いつの間にか手の届かないところへ行ってしまう。
 疲れたときや荷物の多いときに「抱っこ、抱っこ」とせがまれるのもたいへんだが、「ジブンであるく!」と宣言されるのも時としてしんどい。歩幅が小さいからだ。私にも2歳くらいの息子の歩調に合わせきれずに、「もぉ〜、早く歩いてよ〜〜」とうんざりしてしまった経験がある。けれども、その小さな一歩一歩の何となつかしいことか。あの一歩ずつが、いまやこんなに大きくなった子につながっているのだな、と思うと感慨深い。この歌の作者は2人の幼い子供のおかあさん。1人でも大変なのに、2人連れていたら歩幅も歩く方向も別々ということもあり得る。しかし、彼女の偉いのは、その大変さを一時期のことだと心得ているところだ。それどころか、子供との時間を限りなく慈しむ思いで、ちまちまと歩を進めている。
 駅のホームなどで、子供を引っつかむように横抱きにして駆けてゆく女性を見ることがある。親たちが子供とゆっくり歩く時間を持てる社会だったら、きっと少子化問題は起こらないと思う。

☆前田康子歌集『キンノエノコロ』(砂子屋書房、2002年10月出版)


posted by まつむらゆりこ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気の出る子育て短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。