2006年06月30日

サパテアード

KICX0346.JPG

 ジプシーの心にこごれる思いならんフラメンコの舞い激しき地団駄
                伊良部 喜代子


 「ああ、フラメンコをよく知らない人には、こんなふうに見えるんだ」。そう面白く思った。「地団駄」という表現である。
 フラメンコの「サパテアード」(靴底でリズムを打ち出す技巧)には、いろいろなものがあって、足の裏全体で打つ「ゴルペ」、かかとで打つ「タコン」、足裏の前半分で打つ「プランタ」などを組み合わせて多様なリズムを表現する。「地団駄」のような激しいものもあれば素早く軽やかなものもあり、自分の足が楽器になったような面白さを味わえる。複雑なサパテアードを覚えるにはコツがある。先生が踊るのを見て覚えようとするよりも、音に集中して耳で覚える方が早くて正確なのだ。初めはそれが分からなくて苦労した。
 そう言えば、フラメンコを習い始めて最初に戸惑ったのは、サパテアードで大きな音を出すことだった。それまでの人生では何となく「お行儀が悪い」とされていたことだから、「いいのかしら」とおずおずと床を踏んだ覚えがある。
 靴音が出ないのはきちんと体重を乗せていないからだと、最近ようやく分かってきた。振りに自信がなくて手足の動きだけを何となく真似ているときは、体重移動ができていない。「全然踏めてないよ!」と先生から叱声が飛ぶ。私はふだんの生活で、自信のない時や疲れている時は知らず知らずのうちに声が小さくなる。フラメンコでも同じだな、と思う。自分を肯定し、人生を肯定して踊るとき、靴は明るく大きな音で響く。

☆伊良部喜代子歌集『海神祭』(ながらみ書房、2004年11月出版)
posted by まつむらゆりこ at 10:18| Comment(2) | TrackBack(1) | 情熱のフラメンコ短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設、おめでとうございます。
時々覗きに来ます。

更新、大変ですが、頑張ってください。

私のホームページでも、ご紹介させていただきます。
Posted by 石童庵 at 2006年07月25日 22:09
石童庵さま

ありがたいお言葉!
よろしくお願い申し上げます♪
Posted by まつむらゆりこ at 2006年07月26日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20053370

この記事へのトラックバック

楽器
Excerpt: 楽器のカスタムオーダー、リペア、販売を行っており、ミュージシャン側の立場で、皆様の楽器や機材の性能を発揮するお手伝いができたらと考えています。
Weblog: Music Gear
Tracked: 2006-06-30 22:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。