2006年09月16日

離れ住む

blog0916.JPG

  息子よ、はにかみてそしてためらいて手をつなぎくる、
   爪が長いね          松平 盟子


 離婚して子どもと暮らせなくなるのは、本当に悲しくやりきれないことだ。これは、離婚後しばらく会えなかった小さな男の子と再会した母親の歌である。
 作品の解釈というものは必ずしも一つではないが、あまりにも他の人と違う読み方をするのはよくないだろう。私は長い間、この歌を間違って解釈していた。ちょうど自分が子どもと離れて暮らすようになった頃に発表されたこともあり、非常に共感をもって読んだのだが、最後の「爪が長いね」は母親の嘆きかと思って読んでいたのである。
 1カ月に1度会う息子の爪が長く伸びていると、私は何だか胸が締めつけられるようだった。自分は何の世話もしていないくせに、子どもを不憫に思ったりした。小さな爪切りをいつもカバンに入れておき、会うと必ず爪を切ってやるようになったが、ある時ふと、「もしかすると、先方は私のために、わざと爪が伸びたままでこの子を送り出してくれているのかもしれないな」と思った。実際、子どもの爪を切る、その時だけ私は母親らしいことをしているという満足感を味わっていたからだ。
 こんなふうに爪についてあれこれ考えていたので、この歌について、久しぶりに会った母親のきれいに伸ばした爪を見て、子どもが不思議そうに「爪が長いね」と言った場面だという批評を見て、非常に驚いた。なるほど。離婚した作者が「母」というよりも「女」になったことを、長い爪が象徴しているのである。私の解釈だと、登場する母親はまるっきり野暮ったくて垢抜けない。「何でお母さんの爪、こんなに長くなっちゃったんだろ」と首をかしげる男の子に、嫣然とほほ笑む母親の何と悲しくも美しいことだろう!

☆松平盟子歌集『プラチナ・ブルース』(1991年、砂子屋書房)


posted by まつむらゆりこ at 09:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 元気の出る子育て短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつだったか小生の同僚がお歌の新人賞を取り、どんな歌風か心配になり密かに作品をよんだことがあります。どろどろとした作風だったらどうしようと思ったのです。さわやかな作風で安心したのですが、それからほどなくして受賞記念の30詠というのをよむ機会があり、たしかわが子の指の形が別れた夫のそれに似てくるのが怖いという歌があり、ぎくっとした記憶があります。手とか指には顔とは違った訴えるものがありますよね。
Posted by 冷奴 at 2006年09月19日 16:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。