2006年11月10日

食べさせる

blog1110.JPG

  子の食べる一匙ごとのうれしさに茶碗蒸しにはこびとが棲むよ
                    小守 有里



 食の細い子どもがいる。その中には、一度にたくさん食べられないたちの子もいるし、食べるよりも遊ぶことが大好きで、落ち着いて食べない子もいる。
 私の弟は後者のタイプだった。6歳下なので、幼児期の弟の姿をよく覚えているのだが、ともかく動き回る子どもで、じっと食卓についていない。2歳か3歳だったころの彼は、ごはんどきにはいつも幼児用の椅子にふろしきでくくりつけられていたものだ。
 この歌では、幼い子どもがいつになくぱくぱく茶碗蒸しを食べるのが嬉しくって、母親である作者の心が弾んでいる。「おお! おいしいねえ! ほーら、この中にいるこびとさんもすごいすごいって言ってるよぉ」なんて話しかけている様子が目に浮かび、にこにこしてしまう。
 途中まで状況説明をしていて、下の句では母親の台詞に変わっているのだが、そのねじれは全く気にならない。前半では作者が状況を客観的に把握しているのに、後半は眼前の子どもとの二人の世界にぐーんと入り込んでしまうのが、この歌の魅力といえるだろう。
 子どもがごはんを食べないときの母親というのは、かなり悲しいらしい。離乳期を迎えたころの私は、パン粥は喜んで食べるくせに、お米の粥はあまり好きでなく、スプーンで口に入れられても「べーっ」と吐き出していたそうだ。母は「この子が将来もお米を食べなかったらどうしよう」と悲観していたという。
 後年その話を聞いたときは、「そんなこと、あるはずないでしょ!」と大笑いしたが、初めての子どもを育てる母親というものは、そんなにも思いつめてしまうのだ。さんざん親不孝してきた私の、最初の親不孝がそんな早期に始まっていたことを、ただただ申しわけなく思う。

☆小守有里歌集『こいびと』(2001年、雁書館)


posted by まつむらゆりこ at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 元気の出る子育て短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
茶碗蒸しには目がなかったらしい…
私も食が細いというか、好き嫌いが激しいというか…気分の乗らない日には、呵られようが宥められようが、ぐずって全くダメダメな子供だったらしいが、何故か茶碗蒸しは、流し込むようにペロリと食べたそうだ。
母は嬉しそうな顔をしていたのか?呆れ顔だったのか?そんな大切な事を憶えていないことに、今とても後悔しています(笑)
Posted by こびん at 2006年11月11日 18:39
茶碗蒸しの好きな男の人って多いですね。
この歌の子どもも、男の子かも♪
Posted by まつむらゆりこ at 2006年11月13日 15:56
今朝も少量の離乳食を食べさせるのに手を焼いた新米ハハです…。

ぱくぱくいってくれる日は確かにテンションあがりますね↑↑
思わず話しかける言葉も多くなって、それこそこびとさんも、ぞうさんも、プーさんも、フルキャストで登場させたくなります。
茶碗蒸しなんて手の込んだ料理が無駄にならなくて、きっとそんな嬉しさもあったのかしら?と想像をしてしまいます。

まだ見るからにまずそうなペーストを食べさせているところなので、早く茶碗蒸しなんぞ食べさせてみたいものです。
Posted by くり at 2006年11月14日 13:09
くりさん、頑張って!

現役ハハの発言はリアルで、思わず「うんうん、フルキャストか!」と感心してしまいました。

うちの息子は、よく食べる(むしろ食べすぎる)子だったので、苦労しなかったのです。
離乳期にぱくぱく食べたスイカが原因で、真っ赤なうんちが出たときには、あせりました!!
子育てしていると、悩みもそれぞれですね。
Posted by まつむらゆりこ at 2006年11月14日 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。