2012年12月30日

2012年の反省

1230.jpg

1年経つのがどんどん早くなっている。
今夏ブログを再開したものの、なかなか頻繁に更新できなかったのは、私の要領の悪さのせいである。仕上げるべき仕事が中途半端な形のまま2012年が終わろうとしていることに、愕然とするばかりだ。

年々に吾という鍋厚くなり形なきまで煮溶かす思い

この歌を作ったのは三十代後半のころ である。人間的な成熟という意味の厚みではなく、一種の鎧のようなイメージを表した。「煮溶かす」べき思いというものをたくさん抱えていた時期でもあった。今になれば、そこまで煮溶かすなんてことはできず、ごつごつとしたものと何とか折り合いながら生きるしかないことが分かるのだが。

いま、1月3日締め切りの仕事に全力投球しなければならない状態である。しんどいけれども、これが形になったときの喜びも大きいと思う。

というわけで、皆様よい新年をお迎えください。
来年はもう少し頻繁に更新して、よい歌をたくさん紹介したいと願っています。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

*松村由利子歌集『薄荷色の朝に』(短歌研究社・1998年12月刊行)
posted by まつむらゆりこ at 11:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも更新を愉しみにしております。自分も、twitterやfacebookに手を出すようになってからというもの、なかなか落ち着いてブログを書けなくなりました 苦笑

年末年始もお仕事、大変そうですが、是非頑張ってくださいませ。来年もまた、なにとぞ宜しくお願い致します^^
Posted by tokoro-11 at 2012年12月31日 07:54
tokoro-11さん、
本当にありがとうございます!ネット上でも、こんなによい交友が生まれるということ、出会いの不思議は、私の財産だと思っています。コメントを励みに、来年も頑張ります♪
Posted by まつむらゆりこ at 2012年12月31日 09:32
3日締め切りのお仕事、終えられましたか?でも、一つ終えると又次のが来ますね。

煮溶かして、裏ごしして、舌触りの滑らかなスープに出来ると良いのですけれど・・。

今年もよろしくお願いします。
Posted by ミルトス at 2013年01月05日 10:03
ミルトスさん、
3日締め切りの原稿、いま手直しの指示を受けて書き直しているところです(^^);
とても素敵なコメントをいただいて、すっかり嬉しくなりました。新しい歌ができそうな……こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします。
Posted by まつむらゆりこ at 2013年01月05日 21:52
お正月もお忙しかったとのこと。いまは一息ついていらっしゃいますか?
鍋からは澄んだスープもやさしい香りも生まれます。
今年、素敵な年になりますように。
これからもブログを楽しみにしています。
Posted by 麦 at 2013年01月06日 21:40
麦さん、
味わい深く澄んだスープ、私も生み出したいです!
なかなか仕事は終わりませんが、自分の持てる力をすべて注ぎたいと思っています。
Posted by まつむらゆりこ at 2013年01月07日 00:30
松村さんの「物語の始まり」読みました!
ブログの方も楽しく読まさせてもらってます。
これからも無理をなさらないように体に気をつけて下さい。
Posted by つとむ at 2013年01月10日 20:29
つとむさん、
ありがとうございます!私にとって最初のエッセイ集で、とても愛着のある本です。お楽しみいただいているとのこと、嬉しいです。ブログはなかなか更新できずにいますが(^^);気長に待っていてくださいね。
Posted by まつむらゆりこ at 2013年01月10日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310635804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。