2014年01月19日

夜が明けるまで

0119jenga.jpg

ゆるやかな好きに支配された部屋で夜が明けるまでジェンガをしよう
                                田中ましろ


 ジェンガとは、同じ大きさの直方体をタワー状に積み上げ、一つずつ抜いてゆくゲームである。全体のバランスを見ながら代わりばんこに抜くのは、なかなかにスリリングで、わが家に遊びに来る子どもたちにも人気がある。
 この歌では、何といっても「ジェンガ」が効いている。恋の危うさと、刻々とバランスを崩してゆくジェンガのタワーの危うさが絡み合い、胸がきゅんとなる。「ゆるやかな好き」というのは、読む人によって解釈が分かれると思うが、私はまだ「好きだ」と伝え合っていない状態の二人だと思う。伝えてはいないけれども、好意以上の感情を抱いていることを互いに何となく意識しており、だからこそ「夜が明けるまで」なんていうアブナい時間帯を作者は期待するのだ。
 この作者は、恋の歌の名手で、昨秋刊行された歌集には心をふるわせる作品がたくさん収められている。

  ひとすじの雨になりたいまっすぐにあなたに落ちていくためだけの
  せかいって言えばなんだか広すぎてあなたと言えば輝きすぎる
  君のこともう考えちゃいけないと一日ずっと考えていた


 どの歌も素敵だ。こんな歌を贈られたら、世界の果てまでついていってしまうだろう。けっこう恋の感情としては熱いのだが、その熱を感じさせない表現が巧い。目立つ言葉や強い言葉は一つもなく、並々ならぬセンスと計算に基づく文体だと思う。なんと瑞々しい情感があふれていることだろう。
 いや、もう最近、やさしい恋の歌にやられっ放しなのである。なぜだろう。もう恋はできないというステージに来てしまったからなのか、エネルギーレベルが落ちてきているからか……ともあれ、わが家のジェンガを見るたびに、どきどきしてしまうのであった。

   ☆田中ましろ『かたすみさがし』(書肆侃侃房・2013年9月刊)
posted by まつむらゆりこ at 14:33| Comment(3) | TrackBack(0) | せつなくも美しい恋の歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、おとなの歌ですよね。
ボサノヴァを聴いてるような。

齢のせいでしょうかね、
自分も、感情をストレートに出した、
若いひとたちの恋の歌には、
近頃感覚的に
どうもついていけなくなりましたです。

こういう少しばかり感情を押さえたような歌に、
なんとなく心がほっとする自分がおります(苦笑)


Posted by tokoro-11 at 2014年01月20日 07:14
tokoro-11さん、
田中ましろさんは1980年生まれの33歳、若い歌人です。最近の若い人たちは「感情をストレートに」出さないんですよ♪
ボサノヴァのような、というのは言い得て妙ですね。愁いを帯びつつ、からっとしていますもの。
Posted by まつむらゆりこ at 2014年01月20日 08:16
「ジェンガ」と「ジェンカ」、一字違うだけで世代が分かるような・・。部屋の中で夜が明けるまで二人でジェンカをやっていたら、ちょっとお笑いでしょうか。
ジェンガを見るたびどきどきしてしまうのであれば、まだまだ行けそうですね。?どこへ行くのかな?
私はやっぱり「雨」の歌が一番好きですね。私の好み、凄く偏ってるなって今思いました。
Posted by ミルトス at 2014年01月24日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385572261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。