2014年08月15日

虹を見つける

0815魚.jpg

 「ワジワジする」というのは、沖縄の言葉で「いらいらする、腹が立つ」といった意味である。「にぃにぃ(お兄さん)」「ねぇねぇ(お姉さん)」などの言葉は、子どもたちもよく使う。
 こんな畳語は、ハワイにも多いようだ。「ウリウリ=濃い青、ひょうたんの楽器」「オラオラ=長寿」「ホイホイ=楽しい」など。大型で釣り人に人気のある魚、シイラは、ハワイでは「マヒマヒ」と呼ばれる。

  マヒマヒという魚の棲む魚 南では名づけることが虹を生むのだ
                        井辻 朱美


 聞きなれない言葉の響きは、私たちを日常から離れた世界へ連れていってくれる。この作者は「マヒマヒ」に、南島の「虹」を感じた。魚を見つけた人たちの気持ちがはずむ感じが、言葉に込められているからだろうか。結句のきっぱりとした断定が心地よい。
 ハワイ語の虹は「アーヌエヌエ」。日々の小さな出来事に「虹」を見つける心を大切にしたい。

  ☆井辻朱美歌集『クラウド』(北冬舎、2014年7月刊行)
posted by まつむらゆりこ at 10:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ブログ更新が続いてとてもうれしいです。松村さんのエッセイを通してクスリと笑える歌、新しい視点と出会えるのをいつも楽しみにしています。
「お嬢さん、空を飛ぶ」も読ませていただきました。書店で検索したら、ゼロ戦や戦艦ものの棚にあると表示されたので、「違う、違う!」と慌てて救出に向かいました。結果、新聞の書評コーナーにあったのですが。「与謝野晶子」もそうでしたが、「お嬢さん〜」は勇気や元気の出る本です。後半は引きずり込まれるように読みました。好きだから、やりたいから、という強い思いが、何かを成し遂げる大きな力になるのでしょうね。

お手紙を出そうと思いつつ、こんな形でメールになってしまいました。お許しください。

由紀さおりさんのCDをかけると、5歳の娘が「刺さったとげは自分で抜く。それが人生よ」と、マネするのでオモシロイです。
松村さんの訳詩の2曲、ステキです!

これからもブログや共同配信の書評(村田喜代子さんが好きで「ゆうじょこう」も読みました)など、楽しみにしています。「こどものとも」のエッセイの単行本も待ち遠しいです。

どうぞ、お体に気を付けて、また時々、更新してください。

※勝手ながらコメントは表示しないでいただければと思います。
Posted by 米原美由紀 at 2014年08月15日 13:18
「ワジワジする」なんて言われたら、怒る前に笑ってしまいそう。

自分がふだん使っている言葉も、ひょっとするとほかの地方や外国の人が聞いたら「虹を見られる言葉」なのかもしれませんね。

そう思ったらなんだか楽しくなってきました。




Posted by ロールパン at 2014年08月17日 00:00
ロールパンさん、
「ワジワジする」は、自分では使いこなせませんが、割によく耳にする表現です。最近よく使うようになった沖縄言葉は「何わけ!?」。ニュアンスは「どゆこと!?」って感じです。
Posted by まつむらゆりこ at 2014年08月17日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403763649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。