2007年08月03日

渋谷祐子さんの歌集

『青金骨法』

KICX1283.JPG

 ことばを紡いで別の世界を作り出すのが得意な作者である。その美しいタペストリーの数々が収められた一冊。

  ほそくほそく蜂蜜垂るる夏時間 わが恋着を語り出ださむ

 こんなに暑い日が続くとうんざりしてしまうが、この歌を読むと、ねっとりと蒸すような午後にも人生の喜びが感じられる。たらりたらりと、惜しむように、焦らすように、蜂蜜を垂らしているのは作者だろうか。テーブルの上の、横倒しになったガラス瓶から、黄金色の液体が少しずつ垂れているようにも思う。
 この作者は、何でもない日常から、びっくりするようなシーンを取り出すのがとてもうまい。

  耳に毒注ぐ殺法思ひをり 頭髪(かみ)を洗はれゐる革椅子に
  砂時計のうちなる砂漠かすかにも夜の風吹き歩むものかげ


 美容院で髪を洗われている時というのは無防備なものだが、そんな時に「ハムレット」のことを思い出す一首目は、本当にすてきだ。頭の重みを美容師の手に委ねつつ、「ハムレットの父王が殺されたのは、何の毒だったのかしら」と思う心に、ふと塚本邦雄を思い出したりもした。
 砂時計の小さな空間に砂漠を見るという二首目も、羨ましいほどの歌ごころだ。夜の砂時計の中に歩いているものかげは何だろう。鎧を着たようなトカゲだろうか、しなやかな黒豹だろうか。じいっと砂時計に見入っている時間の豊かさというものを思う。

  耳ふたひら蔵ひ忘れてゐることも気づかぬままに雨のゆふぐれ
  夕されば金魚のやうなさみしさのひとつ鰭ふる秋のこころに


 しらべの美しさは、この歌人の特徴の一つだろう。必ずイメージの鮮やかさを伴っているのも見事だ。しらべのよさにうっとりしてしまうが、異世界の怖さが潜んでいるのがまた魅力なのである。
 タイトルの「青金(あおきん)」は、私にとっては初めて出合う言葉だった。金と銀の合金で銀を20%ほど含み、青緑色を帯びているそうだ。この歌集の場合は「せいきんこっぽう」と読ませるそうだ。不思議なタイトルもまた、塚本邦雄を思わせる。

☆渋谷祐子歌集『青金骨法』(ながらみ書房・2007年6月出版・2625円)


posted by まつむらゆりこ at 10:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 歌集・句集の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご案内の歌と松村さんの記事を拝見し、あらためて、短歌の奥の深さを感じました。
このように日常のシーンを切り取って、歌にできる技があったら、とても楽しいでしょうねぇ、とそんなことを思いました。
日本語は素晴らしいですね。
Posted by KobaChan at 2007年08月04日 10:15
日常をこう場面転換して詠める歌人、その歌をこのように素直に、そしておおらかに読める別の歌人。その感性が、正直、羨ましい。
歌と句。表現の仕方は違っても、韻文の持つ日本語ならではのリズム。それを読み取れ、詠み込めるようになりたい。
Posted by 濱徹 at 2007年08月04日 20:03
KobaChanさん、
そうなんですよ! 見慣れた風景が、がらっと変わって見える……詩歌の力というか、存在意義はそこにあるのではないかと思います。

濱徹さん、
いつか、どんな俳句を作っていらっしゃるか教えてくださいね!
Posted by まつむらゆりこ at 2007年08月04日 21:57
恋着を「こいぎ」としか読めなかった不明を恥じております。読売新聞のコラム「科学をうたう」もなかなかステキでした。反省もこめて、小生の”部屋”を書かせてもらいました。
Posted by 冷奴 at 2007年08月08日 17:42
冷奴さん、
おそらく何事にも執着しない方だから、「恋着」にも縁がなかったのでは…。
”お部屋”のアドレスを書いていただけると、皆さんもお訪ねくださると思いますが。
Posted by まつむらゆりこ at 2007年08月08日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。