2008年01月04日

永田紅さんの歌集

『ぼんやりしているうちに』

ぼんやり.JPG

 ふんわりとした上質のカステラのような歌集だと思う。混ぜものがなく、控えめな甘みがやさしくて、読むほどに心が慰められる。

  ローソンへ夜食を買いに 図書館へ本を返しに ついてゆきけり
  一瞬のああそのような印象を大切として人を記憶す
  忙しきほうが時間のあるほうをさびしくさせて葉を毟らしむ


 この作者の恋の歌には、「言ってしまわない巧さ」のようなものがある。
 「ローソンへ」の歌では、夜食を買ったり図書館へ行ったりするのが作者自身なのかな、と思っていると、最後で、そういう誰かに作者が嬉々としてついて行っていたことが分かる。
 「一瞬の」の歌は、どんな場面の「印象」か言わないところに、読む人がさまざまに自分の思いを重ねられるよさがある。ちょっと照れたように笑う、とか、ふとした瞬間の孤独な面持ちだとか、いろいろあるだろうが、それを「大切として人を記憶す」と穏やかに収めた表現に余韻を感じる。
 三首目の「忙しきほう」は、恐らく恋人、ないしは憎からず思う人である。歌集の前後の歌を読むと、大学院生の作者と就職を果たした彼が再会する、という場面であり、学生時代と少し変化した彼を寂しむ思いが滲んでいるからだ。「私はさびしくて葉をむしる」と言ってしまわず、双方を公平に見つめているのが、この人らしい。

  夕闇の培養室に居てわれはセレンディピティを夢見ていたり
  誰に見せる顔でもなくて自らの作業へ向けたる集中ぞよき
  精神は物質なれば苛立ちもそんなものかとやり過ごすべし


 ライフサイエンスの分野で研究する作者である。大きな新発見を夢見る気持ちや、実験などの作業への集中は、門外漢にもすがすがしい印象を抱かせる。三首目は、シュレディンガーの名著『精神と物質』を思い出したりもするが、心の動きも物質の働きによるものだという認識と、そうは言っても割り切れない思いがない交ぜになっていて面白い。
 この歌集の大きな魅力は、研究生活と個人の日常がごく自然に描かれていることだろう。世界中の研究者たちが実験に用いる細胞株「HeLa細胞」を素材にした一連や、実験動物や酵素を詠った作品には、作者独自の世界の把握、深い考察がよく表われており、惹きつけられる。
 
  試験管のアルミの蓋をぶちまけて じゃん・ばるじゃんと洗う週末
  岡村孝子に似たると言われ菱沼聖子のような生活をながく続ける


 おっとりしたユーモアと明るさは、この作者の魅力の一つである。「じゃん・ばるじゃん」の音の楽しさ、人気コミック『動物のお医者さん』の登場人物、菱沼さんをもってきてしまうところ(性格は違うが、本当に似ていると思う!)など、思わずにこにこしてしまう。
 何度も繰り返し読みたくなる、大らかで温かな一冊である。

☆永田紅歌集『ぼんやりしているうちに』(角川書店・2007年12月出版・税別2571円)
posted by まつむらゆりこ at 12:12| Comment(9) | TrackBack(0) | 歌集・句集の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

伊藤一彦さんの歌集

『微笑の空』

KICX1572.JPG

 宮崎の豊かな自然に親しみ、その中で抒情を育んできた歌人の、円熟味あふれる第十歌集。
 特に惹かれたのが、月を詠った作品である。作者の第二歌集のタイトルは『月語抄』であり、第五歌集には「月光が訛りて降るとわれ言へど誰も誰も信じてくれぬ」という、ちょっと不思議な名歌が収められている。この歌集でも、月がさまざまに詠われていて、「月の歌人」と呼びたくなってしまう。

  人の世の人みなさがれといふごとく月輝けばどこにさがらむ
  月光に照らされ白き鹿の妻 近づくことをわれ遠慮せり
  寒の夜半交尾を終へてやすらへるかたちにしづむ上弦の月


 一首目は、「みな下がれ」と言わんばかりに皓々と照る月への畏れが伝わってくる。美しさを称えつつ、どことなく飄逸な感じも漂わせていて楽しい。二首目は、本当の牝鹿ではなく、白い鹿のような作者の妻であろう。神話のような趣と共に、慎ましい夫婦関係を思わせて味わい深い。三首目は、全く思いがけない比喩であり、作者ならではの発想である。もっと細い三日月ならば、魚を連想して「交尾」という言葉が出てきても不思議ではないが、「上弦の月」の充足感を感じとっているところが面白い。

  夜のふけをわれの矢的に帰る道はるかに高き月とひきあふ
  神の矢はするどかりけむ高千穂峰より的となりたるこの地


 「われの矢」を詠った一首目は、「高き月とひきあふ」という見えない緊張感がリアルに迫ってくる。二首目は「高千穂峰(たかちほのみね)」という、天孫降臨の伝説のある地名が「神の矢」と豊かに響きあっている。「的」という捉え方は独特であり、「われの矢」「神の矢」とは何だろう、といろいろに想像させる。

  わがうちに熊襲棲むはずがこの頃は留守の多しよ人に言はねど
  気味悪き人とふものの一人とし原生林を傘さし歩む


 人間的な弱さや自身の存在への違和などを詠った作品もユニークで、一首一首立ち止まるようにして読んだ。歌集の後記には「私の暮らす宮崎の空は広く、大きく、いつもなぜかなつかしい。毎日眺めていて、その豊かな刻々の表情は見倦きることがない」と記されている。まさに、宮崎の空を思わせる大どかな一冊といえよう。

☆伊藤一彦歌集『微笑の空』(角川書店・2007年12月出版・税別2571円)
posted by まつむらゆりこ at 08:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 歌集・句集の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

細谷喨々さんの句集

KICX1417.JPG


『二日』

 滋味たっぷりに詠われた日常があたたかい。読むほどに、心がじんわりと慰められる句集である。

  柿うましそれぞれが良き名を持ちて
  ハロウィンや病棟に魔女すれちがふ


 リンゴやナシの名は割に知っているが、柿の名はほとんど知らない。調べてみると、「鶴の嘴(つるのはし)」「大秋(たいしゅう)」「陽豊(ようほう)」「小春」など、まことに美しい品種名が多いのだった。人も柿と同じで、一人ひとり「良き名を持ちて」いるのだな、なんて思わされる。
 ハロウィンは、日本でもだいぶ知られるようになり、「魔女」の仮装で子どもたちを楽しませる趣向も定着してきたのだろうか。作者の本名は、細谷亮太さん。聖路加国際病院の副院長を務める小児科医である。この句に出てくる「病棟」が、重篤な病気の子どもたちが入院している小児科病棟と知って読むと、味わいもまた深まる。

  螢火の明滅脈を診るごとく
  颱風の中モルヒネの効いてゆく
  死にし患児の髪洗ひをり冬銀河


 作者の専門は小児がんなので、小さな患者さんとの別れも少なくない。その一つひとつの悲しみが、読む者にも迫ってくる。
 明滅する螢の光をかすかな脈拍にたとえた一句目の哀切さは、何ともいえない。
 死を目前にした子どもが少しでもよい時間を過ごせるように、モルヒネ治療を施す二句目の緊張感と安堵は、読んでいて苦しくなるほどだ。句集の中で、この句の次には「撫子や死を告げる息ととのへて」が置かれている。
 三句目の状況にも、涙を誘われる。病院で人が亡くなると、医療スタッフが髪を洗ったり軽くメイクを施したりする。看護師が担当することが多いようなので、主治医が自ら髪を洗う姿には胸を突かれる。広大な宇宙と一人の子どもの死との対比が、悲哀を超えたものを感じさせる。

  夏燕二十歳のやうにカレー喰ふ
  寝転んで臍のあたりを流れ星

  
 壮年男性らしい大どかな詠みぶりだが、どこか少年っぽさを感じさせるところも魅力的だ。小児がんで亡くなった、たくさんの子どもたちを思い、数年前から「へんろ道落椿ふまぬやうふまぬやう」と、四国遍路を続けていられるという。これからも激務が続くだろうが、ますますのご健詠を、と願うばかりである。

☆細谷喨々句集『二日』(ふらんす堂・2007年9月出版・2700円)
posted by まつむらゆりこ at 09:32| Comment(14) | TrackBack(1) | 歌集・句集の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

花山周子さんの歌集

『屋上の人屋上の鳥』

KICX1403.JPG


 日常が独特の手ざわり感で描かれた、若々しい歌集である。

  見上げれば空をかきむしる木立なり一歩の距離がわからなくなる

 二十代の若さが、「一歩の距離がわからなくなる」によく表われている。恋人ができたり、友達と自分を比べたりすると、たちまち自分の歩幅がわからなくなった覚えが私にもある。自分は自分の一歩を重ねるしかないのだ、とわかるまでは、無理に大またで歩いたりちょこちょこ歩いたりして疲れてしまう。葉を落とした裸木が「空をかきむしる」ように見えるのも、青春特有の痛みだろう。

  その人と擦れ違うときわれの鼻膨らんでゆくをマフラーで囲う
  尖りたるわれの鼻先焦げゆける吾の鼻先夏空の下


 「鼻」が詠われた二首には、奇妙な味わいがあって、特に惹かれた。ゴーゴリの『鼻』や、芥川龍之介の『鼻』を思い出させられ、自意識というものを非常にクールに見つめるまなざしに感心する。
 一首目は、想う人から何とか「鼻」を隠そうとする歌。二首目の「鼻」はプライドだろうか、自分の気持ちとは別にどんどん尖り、無残に焦げてゆく様を淡々と詠う。こんな若さで、これほど自分というものを突き放して見ることができるのは、十代から短歌を作ってきたことで獲得したものだろうか。
 歌集には「水野さんの指先にわが自画像の鼻先修正さるるを見おり」という歌も収められており、「水野さん」と作者の関係を、いろいろ想像してしまう。

  人間は骨格だけでできている母の頬骨は露わなり風に
  夏の日の漂う水の匂いなりエドゥワール・マネみどりに描くは
  美術館を巡り巡って落ちゆけるわが内臓は深海にある


 美術大学に通った人らしく、母の骨格をとらえた歌や、色彩や質感への鋭さを見せた歌にいい歌が多い。「母」や「水野さん」といった登場人物が、次第に読む者にとっても気になる存在になるのは、八六〇首という、第一歌集にしては多い歌数によるところかもしれない。短歌的に高らかに詠い上げないのは、若者世代に共通する羞恥心からかな、と思うが、この作者の場合は、のっぺりとした独りよがりの歌にはならず、きちんと世界とつながっている。

☆花山周子歌集『屋上の人屋上の鳥』(ながらみ書房・2007年8月出版・2625円)
posted by まつむらゆりこ at 09:11| Comment(10) | TrackBack(2) | 歌集・句集の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

塩見恵介さんの句集

『泉こぽ』

izumi.JPG

 若々しくって、可笑しくって、しんみりさせられる句がたくさんあって、嬉しくなる。
  
  意味よりも響きまっすぐ遠花火
  泉こぽ知らない声を出せるかも
  圏外にいる煮凝りのなかにいる


 遠くの花火の音が、どーんと胸に響く。その感じは、例えば「好きだよ」という言葉の意味ではなく、言葉に込められた響きや熱、かすかな湿りの方が大切だということを思わせる――。一句目を読み、そんなふうに受け取った。
 二句目は、「泉こぽ」の初句が楽しい。小さな泉から水が湧き出る様子に、何か自分の新たな可能性を思う若さが感じられる。三句目は、句またがりのリズムと「圏外」という現代的な言葉を使った面白さが生きている。ちょっと行き詰まった状況のとらえ方がうまい。

 作者は1971年生まれ、19歳のときから句作を始めた。大学院では、西東三鬼を中心とした近現代俳句をテーマに研究したという。高校教諭として「俳句甲子園」の監督を務め、勤務校のチームを優勝に導いた経験もある。
 初々しい家族詠も魅力があふれている。

  その人の家族となってルミナリエ
  牽制がぽっと一球秋の家


 俳句は一瞬を切り取るものだが、この二つの句には、ドラマ性を感じさせる時間の流れがあって、味わい深い。いろいろな場面を想像する楽しみがある。

  ぼんやりと木になってみる野分あと
  杜子春がそこに転んだ蒲公英野
  しゃがむ時私はアジア春がゆく


 たいていの句集は、編年体だったり季題順だったりするのだが、この句集は「ひとり」「ふたり」「家族」「みんな」という章だてになっている。坪内稔典さんが「俳句五百年の伝統」と題する評論を寄せていられるのも楽しい一冊である。

☆塩見恵介句集『泉こぽ』(ふらんす堂・2007年7月出版・2300円)
posted by まつむらゆりこ at 09:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 歌集・句集の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

渋谷祐子さんの歌集

『青金骨法』

KICX1283.JPG

 ことばを紡いで別の世界を作り出すのが得意な作者である。その美しいタペストリーの数々が収められた一冊。

  ほそくほそく蜂蜜垂るる夏時間 わが恋着を語り出ださむ

 こんなに暑い日が続くとうんざりしてしまうが、この歌を読むと、ねっとりと蒸すような午後にも人生の喜びが感じられる。たらりたらりと、惜しむように、焦らすように、蜂蜜を垂らしているのは作者だろうか。テーブルの上の、横倒しになったガラス瓶から、黄金色の液体が少しずつ垂れているようにも思う。
 この作者は、何でもない日常から、びっくりするようなシーンを取り出すのがとてもうまい。

  耳に毒注ぐ殺法思ひをり 頭髪(かみ)を洗はれゐる革椅子に
  砂時計のうちなる砂漠かすかにも夜の風吹き歩むものかげ


 美容院で髪を洗われている時というのは無防備なものだが、そんな時に「ハムレット」のことを思い出す一首目は、本当にすてきだ。頭の重みを美容師の手に委ねつつ、「ハムレットの父王が殺されたのは、何の毒だったのかしら」と思う心に、ふと塚本邦雄を思い出したりもした。
 砂時計の小さな空間に砂漠を見るという二首目も、羨ましいほどの歌ごころだ。夜の砂時計の中に歩いているものかげは何だろう。鎧を着たようなトカゲだろうか、しなやかな黒豹だろうか。じいっと砂時計に見入っている時間の豊かさというものを思う。

  耳ふたひら蔵ひ忘れてゐることも気づかぬままに雨のゆふぐれ
  夕されば金魚のやうなさみしさのひとつ鰭ふる秋のこころに


 しらべの美しさは、この歌人の特徴の一つだろう。必ずイメージの鮮やかさを伴っているのも見事だ。しらべのよさにうっとりしてしまうが、異世界の怖さが潜んでいるのがまた魅力なのである。
 タイトルの「青金(あおきん)」は、私にとっては初めて出合う言葉だった。金と銀の合金で銀を20%ほど含み、青緑色を帯びているそうだ。この歌集の場合は「せいきんこっぽう」と読ませるそうだ。不思議なタイトルもまた、塚本邦雄を思わせる。

☆渋谷祐子歌集『青金骨法』(ながらみ書房・2007年6月出版・2625円)
posted by まつむらゆりこ at 10:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 歌集・句集の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

畑彩子さんの歌集

『卵』

KICX0776.JPG

 子どもを産んでも、私は私−−。そんな静かな決心が伝わってくる一冊である。母になったことを喜びながらも、何かを頑なに抱き続けている作者なのかもしれない。

  どこへでも胎児をかかえあゆみゆく春のかなたに春を生みたし
  テディ・ベアよりちいさな足でわれを蹴る子よ平凡な男となるな

 「春のかなたに春を生みたし」という大らかな宣言は、妊婦のたくましさを思わせて微笑ましい。けれども、「どこへでも胎児をかかえ」てゆくのは結構しんどいことなのだ。一度かかえたらもう離せない、だから女は強くならざるを得ない。
 「平凡な男となるな」というのは、小さな息子に早くも「男」を見ているまなざしが愉快だ。この作者はもともと洒落た恋の歌の名手であり、その本質は変わっていない。

  雨の日にはじまる恋ははかなくてヒュー・グラントももはや中年
  卵黄を呑み込むようなキスをして別れた人をいちばんあいした

 ヒュー・グラントと言えば、英国出身の甘い顔立ちの俳優である。ちょっと頼りなさそうな感じが女性たちに人気のある理由かもしれない。その彼が少し老けたことと、雨の日、はかない恋を取り合わせ、もう若くはない自らをも重ねた手腕は見事。
 ディープキスを独特の比喩で表現した二首目には、どきどきさせられる。「いちばんあいした」のに別れた、という悲しみではなく、「いちばんあいした」から別れたのよ、とでも言いたげな物憂げな雰囲気が漂う。

  わたくしが小さなこどもをなくす朝 光と医師と夫を憎む
  わがうちにひろがりすぎる湖(うみ)ありてしばしば夫の姿失う

 誰からも一人でいたいような孤独感、自分でも持て余してしまうほど押し寄せてくる感情の波。たぶん人は、結婚しても子供をもっても埋めることのできない空白を抱えて生きるしかないのだろう。それでも、ここには人と生きる喜びと幸福感が豊かな色彩で描かれている。

☆畑彩子歌集『卵』(ながらみ書房・2006年9月出版・2730円)
posted by まつむらゆりこ at 08:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌集・句集の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

前田康子さんの歌集

1104w〓〓x.JPG  『色水』

 たゆたうような身体感覚が詠われていて、気持ちのいい歌集だ。
 それがよく表われているのは、ダンスの歌かもしれない。作者はベリーダンスを習っており、前の歌集のあとがきで「短歌を作ってベリーダンスを踊っている女は、日本で私一人じゃないかなあと少し自負している」と書く。

  レバノンの曲に合わせて舞うときに古き時間が身体をゆする
  草の上で踊ってみたいと思うとき遠いところに腕は伸びたり

 踊りを習ったことのある人は、共感しやすいだろう。自分の手足が思うように動かないもどかしさ、そして、あるとき自分の思いを離れて手足がのびやかに動く喜び。この二首には、音楽に身をまかせる心地よさ、遠い異文化に浸る豊かな気持ちが、たっぷりと詠われている。踊る幸福感が五七五七七のしらべに乗った面白さも見逃せない。
 
  オペ室に我だけ素足 アジアの食器かたかたと運ばれる夢
  眼底をしばらくルーペで見られたり 湖になった気がする

 不調を抱え病院に通うこともある作者だが、自分の身体を奇妙な存在として見つめるまなざしが面白い。「オペ室」の歌では、素足でいることの心細さと、アジアの女たちと自分がつながる意識が、うまく混ざり合っている。「眼底」の歌は、発想の飛躍が思いがけなくて、くらくらする。どちらの歌も、自分の存在がひどく危ういものに感じられ、遠近感をなくしたような気分にさせられる。
 
  ねっとりと樹の蜜垂れて光る昼そこに私は吸い込まれたい
  残業とう時間私にもうなくて山あじさいの暗がりにいる

 幼い子ども二人を育てつつ、この人は何と豊かな時間を過ごしているのだろう。子育ての歌もよいが、暮らしの中のふとした出来事に自分の深いところとの共鳴を感じる歌の数々に惹かれた。

☆前田康子歌集『色水』(青磁社・2006年7月出版・3000円)
posted by まつむらゆりこ at 11:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 歌集・句集の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。